【採点】サッカー日本代表vsシリア〜スタメンから交代メンバーどうよ?20170607

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

今日はワールドカップアジア最終予選の前哨戦(練習試合)って感じで、シリア戦やってますね!今前半が終了!まさかの香川真司の肩脱臼?で負傷交代がありました。貴重な交代枠「6」を1個使うという暴挙も、目をつむりましょう・・・

サイド選手がワイドに張っている感じですが、シリアもコンパクトにプレスに来ていたのでボールが入らず、攻撃の起点が出来ない状態。

孤軍奮闘していたのが大迫。大迫はボールがしっかり収まるので彼のキープ力を活かすべくサポートが欲しい所だったが、回りが連動できず。エンジンが全然かかってない状態だったか。

川島・・・6点
特に危なげもなく推移した。ただ、前線へのフィードで前線が時間を作れるようなボールを配給できず。本田がちょっとイラッとする場面も。

吉田・・・5・5点
キャプテンマークを巻いて挑んだ今回の親善試合。ていうか、何あのクリアミス・・・。ボールの芯を捉えきれずアウトにかかって真上に打ち上げる場面が2回もつづく・・・。失点の場面はいただけない。昌子に声をかけ、寄せきれる場面だっただけに、ポジショニングの悪さが目立ってしまった。縦にぶち抜かれる場面はなかったので、成長した姿も見られたのは良かった。

昌子・・・6点
振り切られる場面もあったがコースに留まり決死のディフェンス。結果的にぶち抜かれる場面は作られなかったが、失点のシーンでは吉田との息が合わず簡単にヘディングシュートを打たせてしまった連携ミスを披露。

酒井宏・・・5点
足元下手すぎなのは相変わらず。後半の浅野といい、酒井といい、足元がおぼつかなくて本田がイラッとする場面再び・・・。せっかく作り出したチャンスを棒に振るのは相変わらず。

長友・・・6点
唯一のアシストの場面は、冷静に中を見る余裕があった。しかし、後半相手が疲れてきてボールを持つ余裕が生まれた時間帯でも、乾とのくずしの連携がまったく出来ていない。乾、大迫と良いリズムでボールを動かしたいのだが、長友の所で全てシャットアウト!スパイかと思った。あの得点シーン以外では、ファーストタッチがありえない。全て敵へのプレゼントになっていた。

山口・・・5・5点
ボールへの寄せ、攻守に渡りポイントになっていた。苦しい前半の時間帯によく動いていたと思う。が、だからといって何?という感じに見えた。中盤の潰し屋なら細貝でもいいし、シュートもミートせず、あのアジア予選でのゴールはラッキーだったと感じざるを得ない

今野・・・6点
本調子でないのがすぐにわかるが、前半途中から孤立する久保に気づきカバーリングに入った所がさすが。ボランチでありながら縦への抜け出しを2、3本見せ、飛び出しの良さを改めて感じさせてくれた。ゴールのシーンも彼の良さがよくでた場面だった。

倉田・・・6点
前半すぐに香川の負傷で投入。難しい時間での交代となり、いきなり失点に絡むミスをしてしまう。後ろに下げられたボールにプレス気味にパスコースを防ぐ場面だったが、ボールを奪いに行ってしまい通り過ぎてしまう。すかさずクロスボールを上げられ、ボールウォッチャーになったCBの二人は簡単にシュートをミートさせ、ゴールを許してしまったのだ。後半は井手口の投入もありチーム全体に時間がもたらされたため、倉田本来のドリブル、足元の技術が披露できたような形だ。悪くはないが、前半は消えていてどこにいるかわからなかった。

井手口・・・6・5点
後半、彼の投入から日本の流れが変わったといっても過言ではない。パスコースへの顔出し、先回りしたカバーリングで味方に時間をプレゼント。ボールタッチも素晴らしく、山口とは違ったタイプのボランチ像を見せてくれた。

原口・・・5点
運動量が彼の唯一の長所だと思うのだが、存在感は髪の色だけか。中に入りだしてから長友との連携も生まれてきたが、コンパクトに絞った相手にはあまり効果的ではなく、本田や乾のような足元のある選手の方が輝けるのではないか。カウンターを発動するような相手には良いかもしれない。

久保・・・5点

今日の寿司ボンバーは生きが良くなかったか。動きが重く、ダイレクトプレイも大迫に軍配が上がっていた。サッカー選手にはどうしても波があり、孤軍奮闘していた時間帯にチームを助ける時間を作れる選手が求められている。違いを生み出せなかったといっていい。

本田・・・6・5点
足元が上手い。ああやって縦に急がないサッカーでは彼の存在感がいかんなく発揮される。右足の決定的なシュートミス×2本はいただけないが、乾への大きなサイドチェンジや、ボールの収まり方はさすが。スカウティングによって相手を分析し、本田と久保を使い分ければいいと感じた。

・・・7・5点(MVP)
足元が超絶上手い。完全にルックアップし、余裕すら感じさせるボールさばきはリーガでの経験からだろう。プレーの度にスタジアムがどよめく。ケガをしていたことでフィジカルに頼るプレーも発揮されず、それが返って落ち着きをもたらせたことで彼の良さが出たと思う。パスひとつとってもボールの質がとても良い。(逆に、長友のパスはボンボンとバウンドし、非常に取りづらいのだ)
速く乾に渡せ、乾のプレーが見たい!と興奮していたのは私だけではないはず。

浅野・・・4点

もう代表には呼ばないで欲しい。足元がゴミすぎて何も言えない。スピードもあり足元もある永井謙佑を入れた方が、後半疲れた時間帯にはもってこいだと思うのだが。引いた相手に浅野を使うのは愚の骨頂。スペースもなく彼の長所も活かせないし、足元もないのでチームの足を引っ張ってしまうのはもうわかったのだから。

ハリルホジッチ・・・6点
急造コンビのCBは大事な場面で重大なミスをしてしまった。コンパクトな相手に原口と久保では通用しないことがわかったのは大きな収穫ではないだろうか。サイドにボールが収まらないと試合にならない現代サッカーでは、違うタイプ同士で組ませる(右が本田、左が原口)(右が久保なら、左は乾)というのはどうだろうか。あと、浅野を使い続ける理由を教えて欲しい。

まとめ

シリア、普通に強かったと思う。体も強いし足元もうまい。最後の所が練習不足で決定力に欠けたが十分にアジアでの地位は向上したと感じた。後半はガクッと運動量が落ちたのはいただけなったが、親善試合という側面もあるし、時差などを考慮しても納得できる内容だった。これからイラクに移動しての本番がはじまる。香川のケガは絶望的だが、今日の収穫を是非ともいかしてほしい。

The following two tabs change content below.
ヨッチャン

ヨッチャン

パパさんボランティアコーチとして少年団を指導。その後本格指導を始め1年目には市の大会で優勝を飾る。むすこはU10地区トレセン合格しました。 詳しいprofileはこちらです
スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
広告