現代サッカーの問題点。交代枠が3つしかない。再交代はできない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

今日はサッカー日本代表vsイラク戦。この試合を見て、あなたは何を感じただろうか?選手たちのイライラした顔を見て、プレー以外での「憤り」を感じたのは僕だけだろうか?なにかこう、これからのサッカーのあるべき姿を案に示したというか、この劣悪すぎる環境で、選手たちのコンディションで、交代枠3というルール自体が間違っているように、僕は思ってしまった。そもそも、37度の環境下で、サッカーをするべきではないのではないか。

まず、気温問題。

少年サッカーだったらあり得ない。熱中症指数振り切ってる。サッカーできる環境じゃないし、はっきり言っておかしいと思う。

それから、けが人続出!

当然の流れで、選手たちはケガをしていった。体内の水分が減り、体温調整がうまくいかない、筋肉はすぐにピークを迎えるという悪循環。選手達はヨーロッパなどで少しでも結果を残そうと頑張っているのに、これではケガをしにきたようなもの。久保、本田、酒井。本当に気の毒な試合になってしまった。井手口も脳震盪を起こすし、乾はこの試合には出なくて良かったと思ってしまった。

そして、給水タイムの違和感。

少年サッカーでは、給水タイム中にコーチからの指示、伝達は禁止されている。選手もピッチの外へは出てはいけないルール。しかし、国際Aマッチでは許されるのか?何か変じゃないか??

つまり、大人のサッカーも少年サッカーを見習うべきでは?

まず、選手の交代は自由にしないか?3人しか交代できないのでは、ベンチにいる選手がもったいない。色々なリスクを背負って代表合宿に参加して、試合には使ってもらえない。しかも今日のような不足の出来事で使われないのはあまりにも残念だ。わざわざイランまで乾を見に行ったお客さんにも気の毒だ。少年サッカーでは交代は自由。一度出た交代した選手も、サイド交代してピッチに戻ることが許されている。大人のサッカーも、それでいいんじゃないか?

すくなくとも、少年サッカーではそれでうまくいっているし、大人のバスケの試合を見ていても何も違和感はない。バレーボールだって交代は自由に行っている。旧態依然の体勢のままでは、サッカーは進化していかないし、90分という長い時間で3人の交代枠しかないのは、フレッシュでスピーディーなサッカーを見に来た観客もつまらないのでは?と思ってしまった。

まとめ

FIFAも考えてほしい。選手生命を短くするような、本当に考えなければならない問題だと思う。100歩譲ってあの環境下でやるのならば、給水タイムだけではなく、交代枠の整備、けが人への正しい配慮と治療の許可。ベンチには沢山の選手が控えている訳だが、実際に出られる選手は3人しかいないのも変じゃないのか?90分という長丁場を、フレッシュな選手がどんどんプレーできる方が楽しいのではないか?

The following two tabs change content below.
ヨッチャン

ヨッチャン

パパさんボランティアコーチとして少年団を指導。その後本格指導を始め1年目には市の大会で優勝を飾る。むすこはU10地区トレセン合格しました。 詳しいprofileはこちらです
スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
広告