サッカー選手が英語を勉強するならコレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

意識の高いサッカー少年たちは、今から英語を勉強していますよね!(本当?)塾に通う時間がなくても、自宅で”あること”をするだけで面白いように英語が上達していきますので、ちょっと聞いてくださいねw

あることをしたら、偏差値が70に!

※これは実話です(笑)

私は高校時代に英語学科に通っていました。1日のうち3時限は英語。世界史も英語(゜o゜; もう全部英語。本当にね、ちんぷんかんぷんでした。いつも赤点(大人になったらわかります)、そして時には青点(知らなくてもいいかな〜)などなど。補習の方がメインでしたが、あることをしたら偏差値が一気に跳ね上がりました\(^o^)/

突然ですけど、赤ちゃんは何から始める?

まだ赤ちゃんの頃、あなたが教えた言葉を思い出してください。おそらく
パパ、ママ、まんま(ごはん)など、超簡単な単語だったはずです。日本人は大人も子供も、英語では赤ちゃんレベル。だったら、、、、

答えは、語彙力がすべてってことです!

これが、僕が高校の時にやったことの全てです。

英単語をひたすら覚えまくる。ただそれだけでした。文法はめちゃくちゃ・・・。だけど、全国模試では偏差値が72まで行ったんですよ\(^o^)/マジ、すごくないですか?

文法がわからなくても、語彙力があればなんとかなる。英語の先生が読んでいたら怒られるかもしれませんが、本当に本当です。

そして、海外で困ったらこのフレーズ

リスニングが出来なかったら、これを使い倒しましょう。※実際にイギリスにホームステイしたときに、これでリスニングを切り抜けました。

please Speaking Slowly(あのさ、ちょっとゆっくり話してくれる?)

(とても上から目線なので失礼の無いように言いましょう。ドヤ顔はダメですよ。ドヤ顔は。)

まとめ

ということで、サッカー少年にはとっても大切な、英語のお話でした。英語は、外国人にとっては当たり前に話せる言語です。難しいことはありません。

単語クイズ的な楽しい参考書を買って遊ぶのもいいかも知れませんね\(^o^)/

よく見たら、これ0円ですうw

ではでは!

The following two tabs change content below.
ヨッチャン

ヨッチャン

パパさんボランティアコーチとして少年団を指導。その後本格指導を始め1年目には市の大会で優勝を飾る。むすこはU10地区トレセン合格しました。 詳しいprofileはこちらです
スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
広告