トレセンコーチってどんな人?実はこんな人が集まってます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
By: susieq3c

少年サッカーをこよなく愛するパパさんママさん、こんにちは!少年団コーチ管理人のヨッチャンです。

本日は当ブログでも人気コンテンツ「トレセン」にまつわるお話です。前回はトレセンの選考基準についてご紹介しましたね!今日は「コーチの人間像」についてお話しようと思います。

スポンサーリンク
広告

トレセンにいるようなコーチってどんな人?

コーチという人間を、コーチという人間が、語ります。さっそく見ていきましょう!

  • 地元の少年団のコーチが担当
  • C級ライセンス所持者
  • サッカーオタクが多い
  • 理屈っぽい(え?

ではいきます。

トレセンコーチは、ほとんど地元の少年団のコーチが担当している

はい。まずこれですね。少年団のコーチ=自分の子供がいる(昔いた)コーチです。つまりパパさんコーチの割合が非常に高いんですね。そしてコーチも人間ですから、自分の子供に票を入れる人もいるわけです(^_^;)よっぽどのことがない限り、自分の子供やチームに票を入れるので、該当しない場合は要注意ですね。(防ぎようありませんが・・)

C級ライセンス所持者が大半である

コーチやるにはライセンスが必要です。特にC級ライセンスはある種、少年サッカーコーチのステータスにもなっており、これを持っていないとママさんたちに馬鹿にされるというか(^_^;)

「あのコーチ、C級も持ってないのに偉そうね!」

なんて言われちゃいます。C級ライセンスって、ちょっと独特で。あの難関を越えた者たちの輪!みたいな雰囲気があります。この資格をもつことで、急に偉そうになるんですよ。コーチって(^_^;)やだなー。

俺はサッカー知ってるぜ

的なオーラが半端ないです。だから偉そうになり、子供に怒ったり、父母にチヤホヤされたりする。試合中、子供がコーチの顔色ばかりしてプレーする・・・などにつながっていくんです。(話がそれますのでこの辺で)

サッカーオタクが多い。

ほんとオタクです(笑)自分の少年団があるのに、わざわざトレセンの練習に参加するって、相当ですよ。自己顕示欲が強いといいますか、そういう人種が多いんです。(かなりdisってます?笑)

理屈っぽい

C級ライセンスを所持すると、急に「俺流・サッカー論」を語り始めます。それがコーチという生き物です。素人を見つけては、「いや、それは違うんですよ」と上から話はじめます。専門用語でペラペラと話してくるコーチがいれば、それは難しい言葉を使って自分を偉そうに見せようとしているだけです。本当に偉いコーチは、小学生でもわかる言葉で話してくれますよ(*^^*)

まとめ

やっぱりですね、わざわざトレセンのコーチまでやる人ってのは、相当です。サッカー好きなら五万といるんですが、そこまで関わりたいってことは、超がつく「サッカー馬鹿」なんですよね。つまり、マニアック。

つまり何が言いたいのか?それは、毎年トレセンの選考基準も変わる!と言いたいのです。十人十色じゃないですが、コーチの個性が強く反映されすぎますからね、トレセンってのは・・・。毎年カラーが違いますので、あまりトレセンに一喜一憂しないようにしていきたいものですね。

それではまた!

The following two tabs change content below.
ヨッチャン

ヨッチャン

パパさんボランティアコーチとして少年団を指導。その後本格指導を始め1年目には市の大会で優勝を飾る。むすこはU10地区トレセン合格しました。 詳しいprofileはこちらです
スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
広告